2018ロシアW杯観戦豆知識 – 飲食編

最終編!飲食~(๑>؂<๑)۶

ロシアW杯観戦する時、現地飲食は逃さない話題でしょうね~美味しい食べ物発見を好きな方はぜひこの記事を読んでくださいますよう~

ロシア代表飲食といえば、「5つ代表」、「4ダイヤモンド」、「3剣士」という話がある。「5つ代表」はパン、ミルク、じゃが芋、ソーセージ、チーズ。「4ダイヤモンド」はキャベツ、タマネギ、ニンジン、ビート。「3剣士」は黒パン、キャビア、ウォッカ。上記のロシア代表美味しい食べ物はロシア国民飲食生活を構成させ、主要な飲食はブリヌイ。

じゃ、一緒にロシア美味しい食べ物旅を始めましょう~\(^o^)/YES!

1、一番よく知られる黒パン

 

ロシア人主食の一つである。

白いパンよりも堅めで、サワードウを使うため独特の酸味がある。

栄養価が高く、麦の旨みを味わえる。

 

 

2、ピロシキ

 

小麦粉生地に色々な具材を詰めて焼いた惣菜パン。

餡はひき肉、鮭、チーズ、じゃがいも、キノコなど様々がある。

 

3、チーズチョコーレートケーキ

 

チーズ旨みのチョコーレートケーキ、甘いが脂くない。

ウォッカと合わせて、別の美味しさを味わえる。

 

4、セリャンカ

 

味が濃いめのトマトベーススープ。

酔っぱらうに効くと重宝されている。
具には、玉ねぎ、キャベツ、ハム、ウインナー、ベーコンなどが入る。

 

5、ボルシェ

 

味が濃いめの冷めたいスープ。

具には、牛肉、トマト、玉ねぎ、ニンジンなどが入れる。

 

 

6、オクローシカ

酸味の用いた冷製スープ。

生野菜(きゅうり、ハツカダイコンなど)とハム、ゆで卵を細かく刻んだものに、微炭酸アルコール「クワス」を加え、塩コショウで味付けしたもの。

 

7、ウォッカ

ロシア一番有名な飲み物。大麦、小麦、ライ麦、ジャガイモなど穀物を原材料として作る蒸留酒。

 

 

ここで、ロシアW杯観戦豆知識 – 飲食編が終わり。ロシア美味しい食べ物を食べて、日本代表観戦して、のんびり楽しく観戦体験しよう~