2018ロシアW杯観戦豆知識 – 観光編

ロシアについて:
世界国土面積一番大きな国家。 海岸線は北極海から北太平洋まで広がっている。地形は豊かで、有名なバイカル青い氷、鮮やかなノーザンライツ。

ロシア現地への理由:

2018年ロシアへの一番理由はW杯大会当然でしょう~世界多くなスーパーサッカー選手達がロシアに集まって競技して、試合現場で観戦するのは、自分が応援する国家や選手と近づく、サッカー運動の魅力を実感している。ファン達クレイジー的な応援、各国ユニフォーム、国旗など、彩る応援の海が風のように揺れている。

二番目理由はロシア惹かれる観光でしょう。W杯大会期限でロシアへ、W杯チッケトがあればビザ手続きは無料となる。日本代表を観戦するついでにロシア観光しましょう~ちなみに、ロシアにありのヨーロッパ地域今は秋、長袖シャツを準備したほうがいい。

W杯大会に欠かなくものマスコットであり、ロシアW杯公式マスコット「ザビワカ」、原型はシベリアオオカミ。スキーゴーグルをかけて、サッカーを抱く、ロシア国民健康、向上、サッカーへの情熱を表現。

試合スタジアム:

モスクワ: ルジニキ・スタジアム:収容人数約89000人

モスクワ: オトクリティ・アリーナ:収容人数約45500人

カザン市:カザンアリーナ:収容人数約45000人

ソチ:フィシュト・オリンピックスタジアム:収容人数約45000人

エカテリンブルグ:セントラルスタジアム:収容人数約35000人

サンクトペテルブルグ・クレストフスキー・スタジアム・ガスプロム・アリーナ:収容人数約66000人

サマラ・サマーラ・アリーナ、もしくはコスモス・アリーナ :収容人数約45000人(6.19日本代表初戦のスタジアム)

ニジニー・ノヴゴロド:ヴォルガアリーナ:収容能力約45000人

ロストフ・ナ・ドヌ:収容人数約45000人

カリーニングラード・スタジアム:収容人数約35000人

ヴォルゴグラード:ポベダスタジアム:収容人数約45000人

サランスク:モルドヴィアアリーナ:収容人数約44,000人

応援用各国サッカー ユニフォームを探しなら、ぜひこちらへ