2018ロシアW杯観戦豆知識 – 飲食編

最終編!飲食~(๑>؂<๑)۶

ロシアW杯観戦する時、現地飲食は逃さない話題でしょうね~美味しい食べ物発見を好きな方はぜひこの記事を読んでくださいますよう~

ロシア代表飲食といえば、「5つ代表」、「4ダイヤモンド」、「3剣士」という話がある。「5つ代表」はパン、ミルク、じゃが芋、ソーセージ、チーズ。「4ダイヤモンド」はキャベツ、タマネギ、ニンジン、ビート。「3剣士」は黒パン、キャビア、ウォッカ。上記のロシア代表美味しい食べ物はロシア国民飲食生活を構成させ、主要な飲食はブリヌイ。

じゃ、一緒にロシア美味しい食べ物旅を始めましょう~\(^o^)/YES!

1、一番よく知られる黒パン

 

ロシア人主食の一つである。

白いパンよりも堅めで、サワードウを使うため独特の酸味がある。

栄養価が高く、麦の旨みを味わえる。

 

 

2、ピロシキ

 

小麦粉生地に色々な具材を詰めて焼いた惣菜パン。

餡はひき肉、鮭、チーズ、じゃがいも、キノコなど様々がある。

 

3、チーズチョコーレートケーキ

 

チーズ旨みのチョコーレートケーキ、甘いが脂くない。

ウォッカと合わせて、別の美味しさを味わえる。

 

4、セリャンカ

 

味が濃いめのトマトベーススープ。

酔っぱらうに効くと重宝されている。
具には、玉ねぎ、キャベツ、ハム、ウインナー、ベーコンなどが入る。

 

5、ボルシェ

 

味が濃いめの冷めたいスープ。

具には、牛肉、トマト、玉ねぎ、ニンジンなどが入れる。

 

 

6、オクローシカ

酸味の用いた冷製スープ。

生野菜(きゅうり、ハツカダイコンなど)とハム、ゆで卵を細かく刻んだものに、微炭酸アルコール「クワス」を加え、塩コショウで味付けしたもの。

 

7、ウォッカ

ロシア一番有名な飲み物。大麦、小麦、ライ麦、ジャガイモなど穀物を原材料として作る蒸留酒。

 

 

ここで、ロシアW杯観戦豆知識 – 飲食編が終わり。ロシア美味しい食べ物を食べて、日本代表観戦して、のんびり楽しく観戦体験しよう~

 

2018ロシアW杯観戦豆知識 – 観光編

ロシアについて:
世界国土面積一番大きな国家。 海岸線は北極海から北太平洋まで広がっている。地形は豊かで、有名なバイカル青い氷、鮮やかなノーザンライツ。

ロシア現地への理由:

2018年ロシアへの一番理由はW杯大会当然でしょう~世界多くなスーパーサッカー選手達がロシアに集まって競技して、試合現場で観戦するのは、自分が応援する国家や選手と近づく、サッカー運動の魅力を実感している。ファン達クレイジー的な応援、各国ユニフォーム、国旗など、彩る応援の海が風のように揺れている。

二番目理由はロシア惹かれる観光でしょう。W杯大会期限でロシアへ、W杯チッケトがあればビザ手続きは無料となる。日本代表を観戦するついでにロシア観光しましょう~ちなみに、ロシアにありのヨーロッパ地域今は秋、長袖シャツを準備したほうがいい。

W杯大会に欠かなくものマスコットであり、ロシアW杯公式マスコット「ザビワカ」、原型はシベリアオオカミ。スキーゴーグルをかけて、サッカーを抱く、ロシア国民健康、向上、サッカーへの情熱を表現。

試合スタジアム:

モスクワ: ルジニキ・スタジアム:収容人数約89000人

モスクワ: オトクリティ・アリーナ:収容人数約45500人

カザン市:カザンアリーナ:収容人数約45000人

ソチ:フィシュト・オリンピックスタジアム:収容人数約45000人

エカテリンブルグ:セントラルスタジアム:収容人数約35000人

サンクトペテルブルグ・クレストフスキー・スタジアム・ガスプロム・アリーナ:収容人数約66000人

サマラ・サマーラ・アリーナ、もしくはコスモス・アリーナ :収容人数約45000人(6.19日本代表初戦のスタジアム)

ニジニー・ノヴゴロド:ヴォルガアリーナ:収容能力約45000人

ロストフ・ナ・ドヌ:収容人数約45000人

カリーニングラード・スタジアム:収容人数約35000人

ヴォルゴグラード:ポベダスタジアム:収容人数約45000人

サランスク:モルドヴィアアリーナ:収容人数約44,000人

応援用各国サッカー ユニフォームを探しなら、ぜひこちらへ

2018ロシアW杯観戦豆知識 – 観戦編

今日は、ロシア現地へ観戦する方を推薦記事です。試合現場を観戦する方はぜひご読んでください。

FIFAロシアW杯豆知識

1、ロシアW杯はFIFA第21回W杯大会です。

2、開催時間:2018.6.14 – 2018.7.15 (1ヶ月)

3、ロシア地域の11つシティには12つスタジアムで開催

4、公式マスコット:ザビワカ

FIFAロシアW杯ハイライト

1、FIFAW杯歴史上一番高価な大会

ロシアW杯はかつてない高価な試合試算、約6600億ルーブル(約1兆9800億円)だ。W杯試合期限で各スタジアム間の陸上交通は全部無料です。W杯の参加者や観戦者の安全確保に300億ルーブル(約900億円)を投入した。

2、世界有名サッカー選手の引退試合

ポルトガル代表ロナウド(33歳)、アルゼンチン代表メッシ(31歳)、今度ロシアW杯大会は多分2名選手の引退試合かもしれない。ロナウドとメッシ二人ともサッカーバロンドール賞を10年間独占して、誰のサッカー影響がより高いが?今度ロシアW杯大会では分かるかもしれない。

3、注目サッカー新人

2014-2017年間、世界サッカー中多くな注目新人が現れた。例えばフランス代表キリアン・エムバペ(18歳)、アントニー・マルシャル(22歳)、スペイン代表エクトル・ベジェリン(22歳)など。注目サッカー新人達はW杯でどんなパーフォーマンスを見せますが?期待してるよ~

FIFAのレポートによれば、今までロシアW杯チケット購入主要国は1位ロシア、2位コロンビア、3位ブラジル。外国サッカーファンは65%のチケットを購入した。日本代表の初戦は6.19(火)21::00(日本時間)、現場に行かなくて方は本番放送を死守してね~

ロシア現地へ、日本代表を観戦したい方は役に立つなら、幸いです。